おすすめ記事:
やっぱり夜勤はツラい!

介護士の働き方について

まずは介護士の働き方を知る

介護士にはさまざまな雇用形態がありますが、正社員の場合は、日勤は実働8時間・休憩1時間、夜勤は実働16時間・休憩2時間が基本のようです。しかし、日勤と夜勤を組み合わせたシフトは生活リズムが崩れやすいといったデメリットがあります。本来寝る時間である夜間に働く夜勤は、心身に大きな負担がかかるので「ツラい」と感じる人も少なくないんですね。そのため、「日勤のみ」の働き方にチェンジする人もいます。日勤のみにすることで生活リズムが安定し、プライベートの時間も確保しやすいなどのメリットを得られます。

新しい環境を求めている人へ!